ヤフーはなぜ机を斜めにするのか。なぜ週休3日にするのか  

 

ヤフーが「はたらき方改革」でアクセルを踏んだと日経新聞がレポートしている((日経電子版10-7)。ヤフーの新本社(東京・紀尾井町)には驚きがいくつもある。引っ越しを機にオフィスのつくりを一新したのだ。

 

もっとも特徴的なのは、机をジグザグに配置して社員同士の交流を促すフリードレス制。「わざと歩きづらくして、社員間の摩擦、コミュニケーションを生む。いろんなアイデアを持った社員が出会うことでイノベーションを起こしたい」という。固定された席に座っていては、仕事も固定的になるからだという。

新本社には「ロッジ」と名付けたコワーキングスペースも設けた。社員だけでなく、外部の人も利用できるのがスゴイ。会社の壁を取り払ってアイデアを吸収し、社員が刺激を受けるしくみだ。

 

ヤフーは、通勤時間が2時間以上の人を対象に「新幹線通勤」を認め、「週休3日制」も検討中だ。育児・介護と仕事の両立など、社員の都合に合わせやすい環境を整える。3日には、新卒一括採用をやめ、30歳以下なら応募できる制度に改め、通年採用すると発表した。

 

はたらく未来研究所ではヤフー㈱の斉藤由希子・人財開発本部長をお招きしてセミナーを開催します。産業能率大学総合研究所と共催。基調講演として、ヤフーのしごと改革の現場を伝える『女性がイキイキと働ける職場環境と人事制度』のほか、ダイバーシティ調査報告など。11月14日(月)13時30分~。会場は産業能率大学代官山キャンパスです。詳しい内容、参加お申込はこちらをごらんください。http://hatarakumirai.com/newsclip/20161114/